ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

夏の外出時、離乳食の持ち運びで工夫できることは?

子育て情報

質問

 9カ月の乳幼児の母です。外出することが多くなってきたのですが、夏に離乳食を持ち歩くことの衛生面が気になります。食材や調理法、持ち運び方法などで工夫できることがあれば教えてください(鯖江市、20歳代母親)

回答

 9ヶ月頃になると行動範囲が広がり、お出かけする機会が増えてくる頃ですね。離乳食の回数も増え、食事の時間になると離乳食のことが気になることと思います。
 離乳食は水分が多く含まれているため、暑い時期に常温で保存したものを食べさせるのは心配です。手作りの離乳食は、小分けをして冷凍保存したものを保冷バック等に入れて持ち運んではいかがでしょうか。食べるときは、電子レンジ等で十分加熱すると安全です。
 加熱することができない所へお出かけする場合は、当日の朝に家庭で清潔に作った離乳食を保冷バックに入れて持ち運びましょう。その場合、軟らかめのおにぎり程度の水分量のものであればよいのですが、それよりも軟らかいものは傷みやすいので、持ち運ぶのには向きません。
 手作りの離乳食を持ち歩くのは大変なこともあります。衛生面から考えても月齢にあったベビーフードを利用するのも1つの方法です。
 また、ご家族が外食する場合は、おとなの食事から取り分けてはいかがでしょうか。軟らかく、味が薄いものを選んで食べさせてあげましょう。メニューは赤ちゃんが食べやすいお料理の多い和定食がおすすめです。ただし、生もの(冷奴、刺身等)は避け、必ず火の通ったものから取り分けてください。少しでも食べやすくするため、スプーンやフォークは普段使い慣れたものを持って行くといいでしょう。
(塚崎 千香 / 管理栄養士)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.