ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

小学校の給食も始まり、野菜嫌いをどう克服するか

子育て情報

質問

 娘が小学校に入学しました。弁当の日もあった幼稚園時代と違い、毎日が給食になりました。野菜嫌いで、食べるのが遅いため、時間内に食べ終われるかどうか本人としても心配なようで、毎朝ゆううつな気持ちで登校するようです。給食に対する嫌なイメージが染みついてしまわないうちに家庭ですべきことは何でしょう。学校ではどんな給食指導をしているのかも知りたいです。(福井市、30歳代母親)

回答

 小学校に入学したことで取り巻く環境も大きく変わり、お母さんもいろいろと心配な日々をお過ごしのことと思います。
 さて、食事について家庭でできることですが、まずは、家族がそろって食べる食卓で苦手な野菜が出た時に「おいしいね」などと楽しく会話しながら食べるだけで、お子さんも食べてみようと思えることがあります。また、苦手な野菜の買い物や調理、栽培などを一緒にすることで、興味を持つきっかけづくりとなります。新鮮でない野菜は特有の苦みやにおいが強くなるので、地元の旬の野菜を使うなど、できるだけ鮮度の良い状態で調理することも大切です。
 なお、お子さんが自分で食べられたという意識を持つことが大切なので、例えばすりおろしてわからないようにするだけでなく、形を残しながら食べやすいように工夫したり、味付けを工夫したりするなどして、お子さんの食べる意欲を後押しできるとよいですね。
 学校では、食べたという達成感を感じられるよう少しずつでも食べるように促す声かけ指導や、学級活動の時間に偏食改善指導を行います。詳しい内容は、学級担任や通っている学校の栄養教諭にご相談ください。
 体の成長とともに苦手なものでも食べられるようになることはよくありますので、お母さんも頑張っているお子さんを大きな気持ちで見守ってください。お子さんが楽しく給食を食べられるよう願っています。 
(北﨑 千佳 /栄養教諭)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.