ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

7歳の息子がどもるので心配です

子育て情報

質問

 7歳の長男が、「どもり」気味で心配です。小学校で友達からどもりを笑われたようで、それ以来、口数が少なくなったような気がします。どもりは成長に応じて、あるいは何らかの方法で治るのでしょうか、それともこれからもつきあっていかなければならないのでしょうか。子どもに対して「治るから心配ないよ」と伝えるべきか、どもりを受け入れるよう促すか、迷っています。(敦賀市、30歳代母親)

回答

 お子さんは、お友達と楽しく話ししたいのに話し方を指摘され、さみしくて不安だったでしょうね。
  どもり『吃音(きつおん)』は、幼児期~学童期の1~5%の子どもたちにみられると言われており、この年齢の子ども達の多くは、ことばの数が増え文法にそった会話が出来るようになると、自然と消失することが多いといわれています。
  しかし、大人になっても吃音が残る人もいます。まだお子さんが7歳なので、今後成長していくにつれて改善されるかどうか、を判断することは難しいです。原因についても様々な説がありますが、明確ではありません。また、吃音に対する治療や指導なども様々ありますが、すべての人にうまくいく治療法があるとは言いにくいのです。
  今、出来る事として、まず、お子さんの話そうとしているその気持ちをしっかり受け入れてあげて下さい。子どもさんが話しはじめてどもっても、『もう一回言って』『ゆっくり落ち着いて話してごらん』などと子どもを急かず、ことばが少々詰まっていてもその話し方を認めて、静かにリラックスした雰囲気で安心させてあげて下さい。
  今後、大きくなるにつれ、吃音の症状が強くなり、お話がしにくい状況が増え、お子さんが吃音に対して何かしたい、という想いの時は、お気軽に専門機関にご相談下さい。色々な方法を試して、子どもさんによい方法を探せるかもしれません。
  子どもたちが、楽しく生きるために役立つ『ことば』。どんな話し方でも、気持ちを分かり合える社会にしていくことも大切ですね。
(酒井 那旺 / 言語聴覚士)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.