ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

乳歯が抜ける前に永久歯が生えた時はどうすれば?

子育て情報

質問

 5歳の息子が、下の前歯の乳歯が抜ける前に、乳歯の裏の変な場所から永久歯が生えてきました。なぜでしょう?放っておくのは良くないのでしょうか?急いで乳歯を抜くべきなのでしょうか?(福井市、30歳代母親)

回答

 乳歯の後ろから永久歯が生えた状態を見て、保護者の方はびっくりされたことでしょう。実は、歯科医院では日常的に最も多く受ける相談の一つです。特に下あごの前歯は最初に生え替わるものですから、我が子の状況に驚く親御さんも多いことでしょう。
 乳歯が生え替わるメカニズムは、 ①乳歯誘導説・・・ある時期が来ると乳歯の歯根が自ら溶け始め、 後に続く永久歯を導くように動く。 ② 永久歯吸収説・・・ある時期が来ると永久歯が生えようと動き始め、乳歯の歯根を吸収しつつ交換していく。の二つが考えられていますが、いずれの場合も、永久歯の生えようとする力が大きな役割を担うと考えられます。乳歯の真下から永久歯が生える場合は、乳歯の歯根が吸収してなくなっていきますが、乳歯の後ろから永久歯が生える場合は、乳歯根の後方部分だけが吸収して、ほとんど動揺することなく、永久歯と前後に並ぶ、いわゆる二枚歯の状態になる場合が見られます。今後の歯並びへの影響も考え、歯科医院にて抜歯するかどうか相談することをお薦めします。また、永久歯が生えてこない場合、のう胞(うみの袋)や過剰歯といった原因が疑われる場合もあり、レントゲン撮影で確認し、方針を検討すべきかと思われます。なお、通常は後方に生えてきた永久歯も舌の力によって、前方に押されて適切な位置へ移動していきますので、経過観察していくことも重要です。
(多田 伸一郎 / 歯科医師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.