ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

小1息子の肥満改善をどうすればよいか?

子育て情報

質問

 小学校に入学した息子が肥満気味です。身長は120センチほどですが、体重が30キロ近くあります。食事量が多いのもありますが、スナック菓子が大好きで、あまり運動もしません。この時期の子どもの肥満は健康面や成長にどんな悪影響があるのか、どうやったら肥満を改善できるか教えてください。今はまだ気にしなくてもいいのでしょうか。今のうちに改善に取り組むべきなのでしょうか。入学し、生活環境が変わった今がチャンスなのでしょうか。(福井市、30歳代母親)

回答

 肥満は、からだの脂肪組織が必要以上に増えた状態で、ホルモン異常症、脳腫瘍、先天異常などの病気でおこる症候性肥満と、過食や運動不足が原因で、肥満以外に症状のない単純性肥満に分けられます。文面から推測しますと単純性肥満と考えられます。
 子どもの肥満は、40~80%の確率で成人の肥満につながるといわれ、将来、高血圧症、心臓や肺機能の低下、高脂血症、脂肪肝、インスリン非依存型糖尿病などの生活習慣病をおこす可能性もあります。また、学校でのいじめなどの対象になりやすく、友人関係、本人の性格などにも悪影響をおよぼすといった問題もあります。
 お子様の場合、肥満度で計算しますと30.4%(軽度肥満)で、標準体重は約23kgです。
 次に改善方法ですが、食事療法と運動療法があります。スナック菓子などの高カロリーのおやつは控えましょう。また、糖質・脂質の過食、まとめ食い、早食い、夜食などに注意しましょう。効果的な食事療法を長続きさせるためには、子どもにだけ我慢を強いるのではなく、家族全員が生活習慣を改めることが必要です。
 運動は体についている脂肪を減少させるだけではなく、血液中の脂肪も減少させ、高脂血症も改善します。ゲーム性があって動きの楽しい運動を選ぶことが長続きするでしょう。
 肥満の程度の評価、合併症の検査、食事療法や運動療法の指導など一度医療機関を受診することをおすすめします。
(反保 みつえ / 看護師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.