ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

鼻血がよく出ますが、原因が分かりません

子育て情報

質問

 3歳の孫(男子)が突然鼻血を出します。2週間に1度、夜寝ているときに2~3cc、3カ月に1度、外出中に5ccほど、真っ赤な鮮血です。鼻に詰め物はせず座らせておくと2~3分で止まります。痛みはない様子で、小児科で診てもらうと「内科的に異常なし」とのこと。原因は何でしょう。治療が必要でしょうか。(福井市、60代祖父)

回答

 子どもの鼻血のほとんどは、左右の鼻を隔てる壁の一番前の、毛細血管が密集しているところ(キーゼルバッハ部位)の傷によるものです。よく鼻をこすったり、鼻水やくしゃみを出したりしていませんか? 鼻炎が、触って傷を作る原因になっているケースがとても多いようです。基本的に、傷がないのに食べ物やのぼせだけで出血することはありません。
 鼻血が出たときは、まずうつむいて(血を飲み込むと嘔吐します)小鼻の柔らかい部分をティシュで包んで15分ほどつまんで下さい。これでほとんど止血します。鼻柱(骨の部分)を押さえたり冷やしたり、首の後ろを叩くのは無意味です。
 耳鼻咽喉科を受診し、傷の部分の粘膜修復を促す処置をしてもらった上、出血時に脱脂綿に浸して鼻につめられる薬を処方してもらうとよいでしょう。これをつめた上で前述のように鼻をつまむと、より効果的です。乾いたティシュをつめると、さらに傷を作る可能性があります。
 鼻炎など、鼻を触る原因になっている病気があれば、きちんと治療することが大切です。「止血剤」は、凝血を促す働きはありますが、傷から血を出なくできるような効果はありません。傷さえ治れば出血しなくなりますが、治りきる前に触ってしまうため、また出血することがしばしばです。繰り返す発熱や、皮下出血(青あざ)など他の部分の出血傾向がなければ、あまり心配ありません。
(森 繁人 / 医師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.