ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

夫の服薬、胎児への影響はありますか?

子育て情報

質問

 3月に結婚したばかりですが、妻と早く子どもがほしいという話をしています。ただ、この時期は私が花粉症の薬を飲んでいます。夫も薬を飲むと妊娠や胎児に影響するのでしょうか?(福井市・20歳代男性)

回答

 ご結婚おめでとうございます。可愛らしいわが子の誕生、待ち遠しいですね。
 さて、男性が服用した薬の妊娠や胎児への影響についてですが、女性が薬を服用した場合の影響に比べると、とても少ないとされています。
 男性が薬を服用した場合の影響については2つの要因が考えられます。1つは、直接、精子へ影響する場合です。精子が作られ受精に関わるまでは約74日前後かかると言われています。ですから、受精の1~2日前に服用した薬の影響は考えにくく、影響があるとすれば、受精前3ヶ月以内に服用した薬と考えられます。しかし一般的には、仮に薬による影響を受けたとしても、その精子は受精に辿り着けないか、受精しても十分に成長出来なかったりして淘汰される可能性が高いと考えられています。
 もう1つは、男性が服用した薬が精液を介して女性側へ移行する場合です。ごく一部の薬、例えばC型慢性肝炎治療薬の中には、精液を介して女性に移行するため、パートナーが妊婦の場合、コンドームの使用が指導されている薬があります。この薬は動物実験で胎児や精子に影響があることが報告されており、避妊が義務付けられています。
 この様に、ほとんどの薬では男性側の薬の服用は問題ないとされていますが、ごく一部の薬では男性側も注意が必要な場合があります。現在服用しているお薬でご心配なことがあれば、医師または薬剤師にご相談下さい。
(五十嵐 久美 / 薬剤師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.