ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

産後、肛門にイボ(痔)ができてしまいました

子育て情報

質問

 産後痔になってしまったようです。肛門から1センチほどの丸いいぼのようなものが出ていて、押し入れても力むとすぐに戻ってしまいます。なかなか病院に行けず市販薬を使っていますが、あまり改善しません。(越前市、20歳代母親)

回答

 文面から考えますと痔核(じかく)、簡単に言うと「肛門にできた静脈瘤」と思われます。妊娠中にできたもので、「イボ」のように見えることから「イボ痔」と呼ばれています。肛門周辺は血管が豊富で、その部分の血管がふくらんで大きくなったものを痔核といい、本体は血管のかたまり、すなわち「静脈瘤」です。直腸と肛門の境界より奥の直腸側にできたものを「内痔核」、肛門側にできたものを「外痔核」と分類します。
 痔核の場所、大きさ、個数、痛み、出血、脱出の有無などで状況は違い、一度できてしまった痔核は無くなりません。座薬や軟膏を使用しても痔核そのものがなくなることはありません。薬を長期間使用しても根本的な治療にならず、2週間程度使用しても効果がなければ中止してもかまいません。無理に押し込む必要もありません。
 小さな症状のない痔核を手術して切除する必要もありませんし、切除後調子が悪くなることもあります。医学的に見た「手術適応」は、あくまで「医学的な目安」であって「患者さんの目安」ではありません。大きな脱肛(肛門の外にできた痔核)があっても、症状がない場合は手術をせずに「痔核とうまく付き合う」事が正解です。逆に、たいして大きくもない痔核でも、痛みや出血がひどい場合には手術や治療が必要な場合があります。医学的に手術が必要であっても、患者さん自身がその手術を必要としていなければする意味がなく、手術をするかどうか決めるのは患者さんの症状自体なのです。
(根上 晃 / 医師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.