ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

母乳を飲んでくれない場合はどうすればよい?

子育て情報

質問

 5カ月の赤ちゃん(女児)を母乳で育てているのですが、あまり飲んでくれず、飲み残した母乳を私がうまく搾り出すこともできず、乳腺が詰まるようで、乳房に痛みがあります。今は我慢できる痛みですが、これからも母乳を与え続けたいので、今後が心配です。どのように対処したらよいでしょうか。(福井市、30歳代女性)

回答

 五ヶ月の赤ちゃんは首が座り、視野も広がり、身の回りのいろんなものに興味を持つ頃です。授乳時にも身近な音や匂い、テレビ等が気になり、集中して授乳することが不可能になることがあります。あなたができることは、赤ちゃんが落ち着いて授乳に集中できるような環境作りを行い、根気よく、イライラせずに授乳させましょう。こうすることで飲み残しの量を減らすことがポイントです。
 さて、授乳後に残った母乳を搾乳する方法は、手で直接行う方法と搾乳器を使う方法があります。圧を抜く程度の搾乳なら手で行い、毎日たくさんの量を搾乳する場合は搾乳器を使うと便利です。搾乳をする前に、母乳の出が良くなるように乳管の詰まりがないか確認してか、乳房を下から持ちゆっくり上下左右にマッサージします。お湯で絞ったタオルを乳房にあて温めることも重要です。同じ所ばかり搾っていると、搾れない部分に母乳が残ってしまい、乳腺炎になってしまうこともあるので、360度いろんな角度から搾るといいと思います。
 乳腺炎や乳汁うっ滞の原因は乳管の閉塞ですが、乳管閉塞は適切なポジショニング(抱き方、授乳姿勢)、ラッチ・オン(乳頭の吸着や含ませ方、吸い付かせ方)および制限のない授乳で予防可能です。
 いずれにしても焦らずゆっくりと授乳を楽しんで行える環境作りを行い、お母さん自身もバランスの良い食事に心がけましょう。
(根上 晃 / 医師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.