ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

妊娠中の不安をどう克服していけばよい?

子育て情報

質問

 妊娠9カ月で初産を間近に控えています。最近、漠然とした不安を抱えています。出産に伴う苦痛への不安や、健康な赤ちゃんが産まれてくれるのかという不安、赤ちゃんを健康に育てられるのかという不安です。夫に相談してもピンとこない様子です。ほかのママたちはどうやってこのブルーな気持ちを克服しているのでしょうか。(敦賀市、20歳代女性)

回答

 妊娠中に、「健康な赤ちゃんが産まれてきてくれるかな」、「出産の痛みに耐えられるかな」と不安になる妊婦さんは多くいます。出産後の生活のことを考え「赤ちゃんを健康に育てられるかな」と不安な気持ちが膨らむこともよく耳にします。
 新しい命を育てる大切な妊娠期は、ホルモンバランスが崩れやすく、些細なことでも不安やストレスを感じやすくなります。
 妊娠中の不安やストレスは、妊婦さんの誰もが多かれ少なかれ感じるものです。「みんなそうなんだ」、「不安に思うのは自然なことなのだ」と思うと、少し気持ちが楽になるかもしれませんね。
 また、ご主人に相談する事は、とても良いことです。ご主人も、初めての体験に戸惑いを感じているのかも知れません。お互いに不安な気持ちを話し、支え合えると良いですね。
 赤ちゃんとの対話を楽しむことも、良いと思います。お腹の赤ちゃんと対話ができるのは、ママの特権です。お腹を触りながら、「ママも不安だけど、一緒に頑張ろうね」と声をかけてみてはどうでしょう。
 ぜひ、お腹の赤ちゃんとの対話を楽しみながら、残り少ない妊娠期を楽しく過ごして下さい。そのためにも、不安な思いは一人で抱え込まず、ご主人・ご家族の方に話を聴いてもらいましょう。助産師もまた、妊婦さんの不安な気持ちを和らげるお手伝いをさせていただきます。いつでも声をかけて下さい。
(常田 幸枝 / 助産師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.