ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

妊娠中の胃薬服用は、胎児に影響があるのですか?

子育て情報

質問

 最近、妊娠が分かりました。今、妊娠2カ月です。妊娠によるつわりと気付かず、妊娠が判明する最近まで、胃腸の調子が悪いのかと勘違いして市販の胃薬をたびたび服用していました。赤ちゃんに悪影響が出ないか心配しています。不安を解消するにはどうすればよいでしょう。今後、薬の服用について注意すべきことも教えてください。(福井市、30歳代女性)

回答

 妊娠がわかると、とても嬉しくて待ち遠しい気持ちになりますね。同時に無事に生まれるまではいろいろと不安なこともあると思います。
 妊娠4週から15週ごろまでは赤ちゃんの中枢神経、心臓、消化器、四肢などの器官が形成される時期です。この時期の薬の服用は特に注意が必要と言われています。とはいえ、妊娠がわかる前に飲んでしまった風邪薬や胃薬で赤ちゃんへ影響を与えてしまう薬の種類はごくわずかです。
 今回ご質問の市販の胃薬ですが、胃薬には、制酸剤、健胃剤、消化剤、胃粘膜保護剤、漢方製剤、およびこれらの成分の配合剤など多くの製品があります。具体的な商品名はわかりませんが、吐き気やむかつきに効能がある胃薬を服用されたのではと思われます。用法や用量を守って短期間服用したのであれば、大きな心配はないと思います。商品を購入された薬局や福井県薬剤師会薬事情報センターに問い合わせていただければなお安心できますね。
 今後病気にかかった場合、薬を服用することによるデメリットよりも服用しなかった場合のリスクの方が高いと判断される時には、母体と赤ちゃんを守るために薬が処方されることもあるかと思います。薬の影響が心配だからといって勝手に服用を中止しないで、不安がある時は、医師や薬剤師に相談して下さい。
 これからまだ暑い日が続きますが、赤ちゃんに会える日を楽しみにお体に気を付けてお過ごし下さい。
(坂口 裕子 / 薬剤師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.