ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

つい手を上げてしまい、後で後悔します

子育て情報

質問

 子どもが悪いことをした時や言うことを聞かない時、とっさに手が出てしまいます。強くたたくわけではないのですが、最近ではちょっとしたことでも子どもが身構えるようになってしまいました。知人らは「どこの家も同じ」と言いますが、後で後悔します。(越前市、30歳代父親)

回答

 お子さんとのやりとりにご苦労されていますね。子どもにイライラさせられ、つい大人側が感情的な対応をしてしまうことはよくあることです。もちろん手を挙げないに越したことはありませんが、その後のフォローが大切だと思います。特に幼児期の子どもは怒鳴ったり叩いたりしても、叱られた理由を十分理解できず、親に愛されているか不安になるものです。落ち着いてからでよいので、どうしてほしかったのか話し、「怒ってごめん、ほんとは大好きなんだよ」と伝えることをお勧めしたいと思います。お互いの思いを語り合うことはお子さんの人間関係を築く力も育てるのではないでしょうか?
 またお子さんに指示を伝える効果的な方法をご紹介します。子どもの心理特性として、褒められても叱られても親が自分に向き合って関わってくれることを好みます。まず普段から、繰り返して欲しいことはたくさん褒め、逆にお子さんの行動で「してほしくない行動」については、叱らなくてよいよう、事前に回数や時間など制限を設けて約束をしておくとよいでしょう。周囲の気をひきたい行動には知らん顔で相手をしないなどの工夫が効果的と言われています。
(芦原 みどり / 保健師)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.