ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

子育てお悩みQ&A

父子家庭で病弱な祖父母に子を預けています

子育て情報

質問

 妻と別居中で、小学4年の長男と父子家庭状態です。自分が残業で帰りが遅いときは、近くに住む両親(祖父母)宅に預かってもらっています。祖父母は体が弱く、このまま甘え続けていいものか不安です。祖父母世代で元気な人が多い地域の子育て力や、公的サービスに頼りたいとも思うのですが、どうしたらよいでしょうか。(福井市、40歳代父親)

回答

 ご両親は「身体が弱く」とあります。その程度はわかりませんが、4年生ともなれば、お留守番や、教えれば簡単な調理も出来ます。ただ、一人でお留守番をして御父さんを待つより、お子さんが、病弱なご両親のお手伝いをして過ごすのはいかがでしょうか。ご両親はお子さんを、お子さんはご両親の見守りの時間になります。その間、お子さんは教科書にはない学びの時間を過ごせますし、ご両親は、お子さんの力を借りながら、家事も出来るのではありませんか。三世代が合わさることで、助かることが一杯あるように感じます。
 また、福井市では、地域ぐるみで子育てを支援する、福祉・家事援助サービスがあります。ひとり親の子育て支援や、高齢者を対象にした掃除や買い物、軽作業も含めた見守りなど日常生活に関連したものです。ご両親が、介護保険にかからない方でしたら、こうしたサービスを利用され、不自由と感じておられる部分を補ってみてはいかがでしょう。
詳しくは、福井市役所の子ども福祉課や福井市シルバー人材センターにお尋ねください。
 助け合う関わりの環境のなかで大きくなるお子さんは、きっと優しい人に育つでしょうね。
(北村 清惠 / 社会福祉士)

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.