ふくいエンゼルねっとプラス

結婚・子育ておうえんポータルサイト

Loading

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

結婚や婚活の支援

妊娠・出産・子育て

パパチケット情報一覧

パパの子育ていっぱい

子育て情報

Juratic

初めてのことだらけで不安や戸惑いもいっぱいあると思います。でも、ママもそれは同じこと。子どもの健やかな成長には、パパの協力は欠かせません。子育てを夫婦で考え、感じていくことが大切だと思います。パパは子どもとふれあう時間が少なくなりがちですが、そこは内容でカバーして、パパだからできることを大切にしながら子育てを楽しんでみてください。

おむつを替えてみよう

おむつを替えてみよう

おむつ交換をするときは、パパの方がママよりも赤ちゃんに対する働きかけが多くなるというデータもあり、楽しみながら関わっているパパが多いようです。一方でおしりをふく速さはママよりも速く、赤ちゃんが不快に感じているという調査もありますので、ゆっくりとふくことを心がけるといいでしょう。また、女の赤ちゃんの場合は照れや恥ずかしさもあるかもしれませんが、何度も替えているうちに慣れてきます。おむつは、布おむつもいいのですが、負担になるようなら紙おむつで充分です。紙おむつは成長に合ったものを選び、立てるようになったらパンツタイプが便利です。

ポイント

  1. 替えのおむつ、ぬれティッシュなどの準備を最初に。
  2. おむつを開いたら両足の間に人差し指をはさんでおしりを持ち上げます。
  3. ぬれティッシュなどできれいにふきます。女の子は前から後ろにふくといいでしょう。
  4. 紙おむつの粘着テープはきつくなりすぎないように。
  5. 布おむつでは男児は前を女児は後ろを厚くします。

お風呂はパパにまかせて

お風呂はパパにまかせて

パパの育児・家事参加のアンケートで多いのが、沐浴・入浴です。パパは手や腕が大きくて赤ちゃんをゆったりと支えられるようです。最初は、落としたり耳にお湯が入ったりするのが怖いと思うかもしれませんが、赤ちゃんはずっと羊水の中にいたので水の中は結構平気です。怖がらずにチャレンジしてみましょう。また、赤ちゃんとのスキンシップや話しかけが自然にできますので、パパと赤ちゃんの絆も深まってきっと楽しくなってくるでしょう。

ポイント

  1. 沐浴は必ずお湯の温度を確かめて(適温は38~40℃)。
  2. 胸やお腹がお湯から出て冷えやすいのでガーゼをのせてあげると気持ちも安心。
  3. 沐浴剤を使う場合でも石鹸も使いましょう。
  4. 首、脇、股などのしわやくびれの部分は汚れや石鹸、水分が取れにくいのでていねいに。
  5. 顔から下へと洗い、最後に陰部、おしりを洗います。
  6. 赤ちゃんは気持ちよくなってうんちやおしっこをするときがありますが、慌てずにうんちを取り除き、新しいお湯に入れ替えてあげましょう。

このページの情報は
新米パパの子育てブック
パパチケット より
内容を抜粋して掲載しております。

パパチケット

結婚子育て施設情報検索

ページの先頭へ

Copyright© 2014 福井県健康福祉部子ども家庭課 All Right Reserved.